【講義】平方根

  • 正解率:66.67%
  • 解答数:3

EXAMPLE

例題

次の数の平方根を求め,ア~ウに当てはまる数を半角英数字で入力しなさい。ただし,平方根が存在しない場合には「x」(小文字のエックス)と入力すること。

  1. \( 81 \)の平方根:\( \pm \fbox{ア} \)
  2. \( 0 \)の平方根:\( \fbox{イ} \)
  3. \( -4 \)の平方根:\( \fbox{ウ} \)
ア:
イ:
ウ:

TEXT

テキスト解説

2乗(平方)すると\( a \)になるもとの数を,\( a \)の平方根といいます。

例えば,「9の平方根」とは,

\[ □^2 =9 \]

となるような□に当てはまる数を求めることになります。このとき,

\[ 3^2 =3 \times 3 =9, \ \ \ \ \ (-3)^2 =(-3) \times (-3) =9 \]

となるので,「9の平方根」は「\( 3 \)」と「\( -3 \)」のように,絶対値が同じで符号の異なる,正のものと負のものの2つが存在することがわかります。

また,「\( 3 \)」と「\( -3 \)」は,「\( \pm \)」という正の符号「\( + \)」と負の符号「\( – \)」を合わせた複号を用いて,

\[ 3, \ -3 \longrightarrow \pm 3 \textbf{(「プラスマイナス3」と読みます)} \]

のようにして表すこともできます。

MOVIE

動画解説


このページの学習内容でわからないところがある方

必要事項を記入して送信してください。名前,メールアドレス,質問内容が公開されることはありません。