【講義】変域

  • 正解率:100.00%
  • 解答数:3

EXAMPLE

例題

次のそれぞれの場合について,変数\( x \)の変域を不等号を用いて表すとき,ア~カに当てはまる数を半角英数字で入力しなさい。

  1. \( x \)は正の数
    \[ x >\fbox{ア} \]
  2. \( x \)は15以下の数
    \[ x \leqq \fbox{イ} \]
  3. \( x \)は\( -10 \)よりも大きい負の数
    \[ \fbox{ウ} < x < \fbox{エ} \]
  4. \( x \)は3以上8未満の数
    \[ \fbox{オ} \leqq x < \fbox{カ} \]
ア:
イ:
ウ:
エ:
オ:
カ:

TEXT

テキスト解説

「領域」や「地域」という言葉に「域」という字が使われている通り,「域」という字には「範囲」という意味があります。そのため,変数のとる値の範囲を,その変数の変域といいます。

変数は,「いろいろな値をとることのできる文字」ですが,「いろいろな値」と言ってもどんな値でもいいというわけではなく,制限がある場合があり,それが変域になります。

MOVIE

動画解説


このページの学習内容でわからないところがある方

必要事項を記入して送信してください。名前,メールアドレス,質問内容が公開されることはありません。