【講義】除法と乗法の関係

  • 正解率:75.00%
  • 解答数:4

EXAMPLE

例題

次の除法を乗法になおして計算し,ア~エに当てはまる数を半角英数字で入力しなさい。ただし,\(-\frac{1}{2}\)のような分数は,\(\frac{-1}{2}\)のように分子に符号を含む形で表すこと。

  1. \(\displaystyle \left( -\frac{3}{4} \right) \div 6 = \frac{\fbox{ア}}{\fbox{イ}} \)
  2. \(\displaystyle 5 \div \left( -\frac{25}{7} \right) = \frac{\fbox{ウ}}{\fbox{エ}} \)
ア:
イ:
ウ:
エ:

TEXT

テキスト解説

「2で割る」ことと「\( \frac{1}{2} \)にする」ことは同じなので,

\[ 「\div 2」\textbf{と}「\times \frac{1}{2}」 \]

という計算は同じになります。つまり,「ある数で割ること」と「その数の逆数を掛けること」は同じ計算になります。この関係を用いることで,除法は乗法に直すことができます。

MOVIE

動画解説


このページの学習内容でわからないところがある方

必要事項を記入して送信してください。名前,メールアドレス,質問内容が公開されることはありません。