(x+m)2=nの解き方

【解説】

n≧0で,(x+m)2=nのような形のxについての2次方程式では,x+m=Xとすると,

(x+m)2=n→X2=n

と変形できるので,Xの2次方程式だと考えることができます。すると,Xはnの平方根になるので

2次方程式X2=nの解:X=±

となります。このXを元に戻してあげると,

となり,このようにして2次方程式の解を求めることができます。ここで,x=-m±は,

x=-m+,x=-m-

をまとめて表したものになります。

【例題】

【無料動画講義(理論)】

【演習問題】

【無料動画講義(演習)】