It is 【形容詞】 to ~

【解説】

不定詞の名詞的用法で「~すること」を主語として用いることができますが,不定詞を主語の位置(文の先頭)に置くと,頭でっかちな文になる場合があります。

【主語(不定詞)】【動詞】【補語】.日本語
To read this English bookisdifficult.この英語の本を読むことは難しい。

このようなとき,次のように「it」を主語にして不定詞を後に置くことで,頭でっかちでない文を作ることができます。

【主語(It)】【動詞】【形容詞】【不定詞】.日本語
Itisdifficultto read this English book.この英語の本を読むことは難しい。

「It」は形の上では主語になりますが,不定詞の部分が実際には主語を表すので,この「It」には「それは」などという意味はなく,文全体で「~するのは(形容詞)だ」といった意味を表します。

「(人)が~するのは(形容詞)だ」というように,不定詞の動作をする人を示すには,不定詞の前に<for +(人)>を置きます。

英語日本語
It is difficult for me to read this English book.私にとってこの英語の本を読むことは難しい。