be going to

【解説】

英語で現在や過去のことを表すには動詞を変化させますが,<be going to +【動詞の原形】>という形で「~するつもり」という未来のことを表現することができます。このとき,be動詞(「be going to」の「be」)は,主語の人称や数に応じて使い分ける必要があります。

また,<be going to +【動詞の原形】>にはbe動詞が使われているので,否定文や疑問文は,be動詞の否定文や疑問文の作り方と同じになります。

英語日本語
肯定文He is going to visit Tokyo.彼は東京を訪れるつもりです。
否定文He isn’t going to visit Tokyo.彼は東京を訪れるつもりではありません。
疑問文Is he going to visit Tokyo?彼は東京を訪れるつもりですか。

ただし,動詞に「go」を用いる場合には,重ねて使わず次のように表すこともできます。

英語日本語
「go」を重ねるI am going to go to Tokyo.私は東京へ行くつもりです。
「go」を重ねないI am going to Tokyo.私は東京へ行くつもりです。

疑問文に対する受け答えもbe動詞のときの受け答えと同じになります。

Yes, 【主語】+【be動詞】.Yes, he is.
No, 【主語】+【be動詞】+not.No, he isn’t.