be動詞

【解説】

主語の動作や状態を表すことばを動詞といい,動詞にはbe動詞と一般動詞の2種類があります。

be動詞には,is,am,are,was,wereの5つがあり,これらのもとの形(原形)が「be」であるので,be動詞と呼ばれます。

be動詞は「【主語】=【補語】」のように,主語と補語とを結びつけたり(状態を表したり),「~がいる」,「~がある」のように存在を表すときに用いられます。