ax2=bの解

【解説】

k≧0で,x2=kのような形に変形できる2次方程式は,2乗(平方)してkになるxの値を求めることになります。これは,「2乗してkになるもとの数x」を求めることであるので,「kの平方根」を求めればよいということになります。このことから,x2=kの形で表される2次方程式の解は,

2次方程式x2=kの解:x=±

となります。

また,ax2=bのような形の2次方程式も,x2の係数aを右辺に移してあげることで,x2=b/aとなり,「2乗してb/aになるもとの数x」を求めることから,

2次方程式ax2=bの解:x=±

のようにして同じ考え方で解くことができます。

【例題】

【無料動画講義(理論)】

【演習問題】

【無料動画講義(演習)】