関係代名詞

【解説】

①「私は男の子を知っています。」,②「彼(その男の子)はとても上手にサッカーをします。」という2つの文があり,②の文が①に使われている名詞を説明するような内容であると,その文を名詞を修飾する形容詞として,「私はとても上手にサッカーをする男の子を知っています。」のように,1つの文にまとめることができます。

英語でも同じように考えることができ,修飾される名詞(①「男の子」)を先行詞といいます。そして,②の文と先行詞を結びつけるために関係代名詞が用いられ,先行詞が「人」か「人以外」か,また,先行詞を修飾する文(②)において,先行詞と同じ意味を持つ語(②「彼」)の格が何であるかによって次のように使い分けます。

先行詞主格所有格目的格
whowhosewho (whom)
人以外whichwhosewhich