経験を表す現在完了

【解説】

「経験」を表す現在完了は,<have (has) +【過去分詞】>の形で「(今までに)~したことがある」と,過去から現在までの経験を表します。

英語日本語
He has visited America three times.彼はアメリカを3回訪れたことがあります。
He has never visited America.彼はアメリカを1度も訪れたことがありません。

このとき,上の例のように「経験」を表す文には「~ times」のような回数や「ever(今までに)」,「never(1度も~ない)」などの副詞がよく使われます。

また,「~へ行ったことがある」という「経験」の意味で使われる現在完了には,<have (has) +been +to ~>という形が使われ,「行く」を表す動詞を用いて<have (has) +gone +to ~>という形では,「~へ行ってしまった」という「完了」の意味を表すことになります。

英語日本語
He has been to America.彼はアメリカに行ったことがあります。
He has gone to America.彼はアメリカに行ってしまった。(今はここにいない)