第5文型

【解説】

単語の配置が重要な英語では,基本となる5つの型があり, 主語動詞目的語補語で作られる文の型を第5文型といいます。

主語動詞目的語補語
呼ぶケン→私は彼をケンと呼びます。

この第5文型の補語は,第2文型の補語(主語について説明を補うことば)とは異なり,目的語を説明する補語で,「【目的語】=【補語】」という関係になります。