直角三角形の辺の長さ

【解説】

次のような直角三角形ABCでは,三平方の定理より,

a2+b2=c2

という関係が成り立つので,三平方の定理を用いることで,直角三角形の2辺の長さから残りの1辺の長さを求めることができます。

そのとき,三平方の定理をそのまま用いてもいいのですが,平方(2乗)の形が残ったままだと辺の長さを直接求めることができないので,次のように三平方の定理から導かれれる式を,公式として利用することもできます。

【例題】

【無料動画講義(理論)】

【演習問題】

【無料動画講義(演習)】

このページの学習内容でわからないところがある方

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です