現在完了の否定文・疑問文

【解説】

現在完了の否定文や疑問文は,「have (has)」を助動詞と同じように扱うことで作ることができます。つまり,否定文ではhave (has)の後に「not」を付け,疑問文ではhave (has)を主語の前に出します。否定文では,「have not」,「has not」はそれぞれ「haven’t」,「hasn’t」という短縮形を用いることもできます。

肯定文【主語】have (has)【過去分詞】~.
否定文【主語】have (has) not【過去分詞】~.
疑問文Have (Has)【主語】【過去分詞】 ~?

疑問文に対する受け答えも,助動詞を用いた疑問文の受け答えと同じになります。

  • Yes, 【主語】 have (has).
  • No, 【主語】 haven’t (hasn’t).