変位

【解説】

次の図のように,原点と$x$軸を描いたとき,$x$軸上を運動する物体があると,その物体の時刻$t$における位置を$x$座標を用いて表すことができます。

ある時刻$t_1$に位置$x_1$にあった物体が,時刻$t_2$に位置$x_2$に移動したとき,位置座標の変化量は,変化量を表す「$\Delta$(デルタ)」という記号を用いて,

$$\Delta x =x_2 -x_1$$

と表すことができ,この $\Delta x$を変位といいます。

このとき,「変化量」とは,

$$(変化量)=(変化後の値)-(変化前の値)$$

で求められる量になります。

また,変位は「向き」と「大きさ」を併せ持った量になるので,図のように矢印の向きと長さでそのようすを表すことができます。そして,変位の大きさのことを距離といいます。

【例題】

【無料動画講義(理論)】

【演習問題】

【無料動画講義(演習)】

このページの学習内容でわからないところがある方

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です