和の法則(確率)

【解説】

起こりうるすべての場合の数をnとし,ことがらA,Bが同時には起こらず,Aにはa通り,Bにはb通りあるとします。このとき,ことがらA,Bの起こる確率をそれぞれp(a),p(b)とすると,

p(a)=a/n,p(b)=b/n

のように表すことができます。

このとき,AまたはBの起こる場合の数は,和の法則よりa+b通りになるので,その確率は,

のように表すことができ,確率の和により求めることができます。

【例題】

【無料動画講義(理論)】