単位系

【解説】

単位をつくるときに基本となるものを基本単位,基本単位の乗除により組み合わせてできる単位を組立単位といい,これらをひとまとまりにしたものを単位系といいます。

物理の力学では,長さの単位に[m],質量の単位に[kg],時間の単位に[s]を基本単位とするMKS単位系が一般的に用いられ,特にことわりがない場合には,MKS単位系にそろえて計算を行います。

【無料動画講義(理論)】