円と相似

【解説】

円周上の点を利用されて作られる図形(三角形)では,円周角の定理により,等しくなる角が複数存在します。そのため次の例のように,2組の角がそれぞれ等しくなるので,2つの三角形が相似になる場合が多くあります。

【例題】

【無料動画講義(理論)】

【演習問題】

【無料動画講義(演習)】

このページの学習内容でわからないところがある方

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です