人称代名詞の格変化

【解説】

代名詞が文中の他の語とどんな関係にあるかを示すものをといいます。主語を表す格は主格といい,日本語では「~は」,「~が」という意味になります。ものの所有を表す格を所有格といい,日本語では「~の」という意味になります。動作の目的を表す格は目的格といい,日本語では「~に」,「~を」という意味になります。

人称代名詞は,次の表のように人称や格によって変化するので,暗記することが必要になります。