一般動詞の否定文(現在形)

【解説】

一般動詞の否定文は,動詞の前に「do not」をつけて作ります。このとき,「do not」は「don’t」と短縮形を用いることもでき,動詞は原形にします。

肯定文【主語】【一般動詞】【目的語】.日本語
Ilikehim.私は彼のことが好きです。
否定文【主語】do not【一般動詞】【目的語】.日本語
Ido notlikehim.私は彼のことが好きではありません。

主語が3人称単数の現在の文では,否定文を作るときは,動詞の前に「does not」(短縮形は「doesn’t」)をつけ,動詞は原形にします。動詞についていた3単現のsを「do」の方に付け替えるイメージです。ただし,肯定文で「has」が使われている場合,否定文にすると「have(原形)」になることに注意しましょう。

肯定文【主語】【一般動詞】【目的語】.日本語
Helikessoccer.彼はサッカーが好きです。
Shehasa pen.彼女はペンを1本持っています。
否定文【主語】doesn’t【一般動詞】【目的語】.日本語
Hedoesn’tlikesoccer.彼はサッカーが好きではありません。
Shedoesn’thavea pen.彼女はペンを持っていません。