「少なくとも」の確率

【解説】

ことがらAの起こる確率をp,Aが起こらない確率をqとします。このとき,ことがらAは起こるか起こらないかしかないので,「ことがらAが起こる」または「ことがらAが起こらない」確率は,

p+q=1

と表すことができます。このことから,

という関係が成り立つので,直接確率を求めることが面倒であるような問題では,この性質を利用します。特に,「少なくとも〇〇である確率」を求めるような場合には,「〇〇でない確率」を求めるほうが楽なので,

(少なくとも〇〇である確率)=1-(〇〇でない確率)

というようにして確率を求めます。

【例題】

【無料動画講義(理論)】

【演習問題】

【無料動画講義(演習)】