1次関数

【解説】

yがxの関数で,yがxの1次式で表されるとき,yはxの1次関数であるといいます。つまり,a,bを定数として,2つの変数x,yの間に

y=ax+b (ただし,a≠0)

という関係があるとき,yはxの1次関数になります。

【例題】

【無料動画講義(理論)】

【演習問題】

【無料動画講義(演習)】