<【疑問詞】+to +【動詞の原形】>

【解説】

<【疑問詞】+to +【動詞の原形】>のように,疑問詞と不定詞を組み合わせて名詞と同じ働きをします。このとき,疑問詞によって次のような意味を表します。

【疑問詞】+to +【動詞の原形】日本語
how to ~どのように~するか(~の仕方)
what to ~何を~すべきか
when to ~いつ~すべきか
where to ~どこで~すべきか