角錐と円錐

【解説】

次の図のように,1つの底面(多角形)と側面,頂点を持つとがった立体を角錐(かくすい)といい,底面の形によって次のように名前がつけられます。

また,底面が正多角形で,側面がすべて合同な二等辺三角形である角錐を正角錐といいます。角柱とは異なり,底面が正多角形であっても正角錐とはならない角錐があるので注意をしましょう。

次の図のように,底面が円である場合は円錐といいます。

【例題】

【無料動画講義(理論)】