角柱・円柱の表面積

【解説】

立体の表面全体の面積を表面積といい,1つの底面の面積を底面積,側面全体の面積を側面積といいます。

次の図の三角柱の例でもわかるように,角柱や円柱には2つの底面があります。

そのため,角柱や円柱の表面積は,

(角柱・円柱の表面積)=(底面積)×2+(側面積)

という計算で求めることができますが,表面積は「表面全体の面積」であるので,表面全体がわかりやすいように,見取り図から展開図を作ると考えやすくなります。

【例題】

【無料動画講義(理論)】

このページの学習内容でわからないところがある方

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です