線対称

【解説】

次の図のように,ある直線を折り目として折り返すとき,両側の部分がぴったり重なり合う図形は線対称であるといい,折り目にした直線を対称の軸(または,対称軸)といいます。また,対称の軸で折り返したとき,ぴったりと重なる点,辺,角をそれぞれ,対応する点対応する辺対応する角といいます。

線対称な図形には,対称軸が必ず1本はあり,複数ある場合もあります。さらに,対称軸は,対応する点を結ぶ線分の垂直二等分線になります。つまり,対応する2点を結ぶ線分は,対称軸と垂直に交わり,対応する2点は,その2点を結ぶ線分と対称軸の交点から等しい距離にあります。

【例題】

【無料動画講義(理論)】

【演習問題】

【無料動画講義(演習)】