立体の展開図

【解説】

立体の表面を(辺にそって)切り開いて,平面上に広げた図を展開図といいます。

見取り図の頂点と展開図の頂点との対応関係を考えるとき,次のような手順で展開図の頂点を決定していきます。ただし,頭の中で立体から展開図を作ったり,展開図から元の立体を組み立てられる人は,その図を利用して頂点を対応させれば問題ありません。

  1. 展開図に与えられた頂点の条件から,基準となる面を見取り図で確認する。
  2. 展開図においてその面と辺を共有する面を見つけ,その面と同じになる面を見取り図から見つけ出す。
  3. 面が特定できたら,展開図に頂点を書き加える。
  4. すべての頂点が特定できるまで2,3を繰り返す。

【例題】

【無料動画講義(理論)】

【演習問題】

【無料動画講義(演習)】