直角三角形の合同条件

【解説】

直角三角形で,直角に対する辺を斜辺といいます。

三角形の合同条件には次の3つの場合があります。

  1. 3辺がそれぞれ等しい
  2. 2辺とその間の角がそれぞれ等しい
  3. 1辺とその両端の角がそれぞれ等しい

しかし,直角三角形では次の場合にも合同になり,これらを「直角三角形の合同条件」として利用することができます。

【例題】

【無料動画講義(理論)】

【演習問題】

【無料動画講義(演習)】