直線

【解説】

2点A,Bを通り,両方に限りなくのびているまっすぐな線を直線ABといいます。また,直線ABのうち,点Aから点Bまでの部分を線分ABといい,線分ABの長さを2点A,B間の距離といいます。このとき,線分ABの長さを「AB」で表します。さらに,点Aを端として他方(点Bの方向)に限りなくのびているものを半直線ABといいます。両方に限りなくのびているのではなく,半分(片方)だけ直線になっていると考えてください。

【例題】

【無料動画講義(理論)】

このページの学習内容でわからないところがある方

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です