直線と平面の位置関係

【解説】

直線と平面の位置関係には,次の3つの場合があります。

また,直線と平面が交わるとき,直線が平面上のすべての直線に垂直である場合には,その直線と平面は垂直であるといいます。しかし,交わる2直線は1つの平面を決定するので,平面上の2直線と垂直であれば,直線と平面は垂直であることになります。

そして,点Pと平面上の点との2点間の距離を考えると,図のように平面上に点Qがあるとき,2点P,Q間の距離は最も短くなり,この線分PQの長さを点Pと平面との距離といいます。

【例題】

【無料動画講義(理論)】