比例のグラフと変域

【解説】

ある関数について,xの変域からyの変域を求めたり,その逆に,yの変域からxの変域を求めたりするような問題では,関数のグラフをかいたりイメージすることが大切です。このとき,関数のグラフはその変域の部分だけを表し,残りの部分はかかないか点線で表すようにします。

比例y=axにおいて,xの変域がx1≦x≦x2となっているとき,次のように,関数を表す式の横にxの変域をかっこの中に入れて表されることがあります。

y=ax (x1≦x≦x2)

また,このときのyの変域は,比例のグラフが原点を通る直線(線分)になることから,次のようになります。

【例題】

【無料動画講義(理論)】

【演習問題】

【無料動画講義(演習)】