正の数・負の数の減法

【解説】

「7-(-10)」のような負の数の引き算は,負の符号の力で,その前についている「-」を「+」に変えることができたので,

7-(-10)=7+10

のようにして,引き算を足し算(加法だけの式)にすることができます。

また,「4+(-7)」のような負の数の足し算は,負の符号の力で,その前についている「+」を「-」に変えて,

4+(-7)=4-7

のようにして,正の数の引き算にすることができますが,これとは逆に,「4-7」という正の数の引き算を無理矢理,

4-7=4+(-7)

のようにして,負の数の足し算(加法だけの式)にすることもできます。

このように,減法は加法になおすことができます。

このことから,正の数と負の数の減法では,減法を加法になおすことで,2数の和を求める方法を利用して計算することができます。

【例題】

【無料動画講義(理論)】

【演習問題】

【無料動画講義(演習)】