次元

【解説】

物理ではMKS単位系が用いられるので,その基本単位を構成する要素である,長さ,質量,時間をそれぞれ,長さ(length)を[L],質量(mass)を[M],時間(time)を[T]で表すと,単位に何を用いるかにかかわらず,組立単位と基本単位の関係を表すことができ,これを次元(ディメンション)といいます。

文字式の計算を行うとき,計算結果の次元と求める量の次元が一致しているかをチェックすれば,計算ミスなどのケアレスミスをしていないか確認をすることができます。

【無料動画講義(理論)】