有理数を根号の外に出す

【解説】

有理数を根号の中に入れることを学習しましたが,有理数を根号の外に出すことは,それと逆の操作になります。

まず,a,bを正の数とすると,のように表される数は,乗法の記号「×」を使って

=

のように表すことができます。そして,

「根号のついた数の積」→「根号内の数の積」

のようにして計算することができましたが,これとは逆に,

「根号内の数の積」→「根号のついた数の積」

ともできるはずです。このことから,

=×

と変形できます。そして,

=a

であることから,

×=a×(=

となり,

のようにして,根号の中に2乗(平方)の形になっている数は,指数の「2」をなくして根号の外に出すことができることがわかります。

【例題】

【無料動画講義(理論)】

【演習問題】

【無料動画講義(演習)】

このページの学習内容でわからないところがある方

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です