有理数を根号の中に入れる

【解説】

のような数は,文字式の表し方のように乗法の記号「×」を省略して

のように表します。すると,a,bを正の数としたとき,という数は

=a×

のように表すことができ,さらに,「a」は,平方根の性質から

a=

と表すこともできるので,

=×

のように変形することができます。根号のついた数どうしの積は,根号内の数の積を考えればよかったので,

×=

となり,

のようにして,根号の外にある有理数「a」は,2乗の形にして根号の中に入れることができることがわかります。

【例題】

【無料動画講義(理論)】

【演習問題】

【無料動画講義(演習)】