式の値

【解説】

式の中の文字を数で置き換えることを代入するといいます。このことは,

「文字の代わりに数を入れる」→「代入」

ということを考えるとイメージしやすいと思います。そして,代入する数のことを文字の値,代入して計算した結果を式の値といいます。

【例題】

【無料動画講義(理論)】

【演習問題】

【無料動画講義(演習)】