小数、分数を含む乗法と除法

【解説】

ここでは,小数や分数を含む式における乗法や除法について考えますが,小数や分数になったからといって,整数のときと計算方法が変わるわけではありません。つまり,小数や分数を含む式でも,整数のときの計算と同じように,

  1. 符号を決める(計算した答えが正の数になるのか,負の数になるかを考える)。
  2. 符号を除いた数のみを計算する。

という手順で行います。

【例題】

【無料動画講義(理論)】

【演習問題】

【無料動画講義(演習)】