対称移動

【解説】

用紙を半分に折って広げ,その用紙の左側にインクをたっぷりとつけてある図をかいたあとで,また用紙を半分に折って広げれば,用紙の右側にも向きが反対になった同じ図形があらわれます。このように,ある図形を折り返して移すことを対称移動といい,折り目を対称の軸といいます。次の図では,直線lを折り目として△ABCを対称移動させると,△A’B’C’となり,直線lが対称の軸となります。

このとき,△ABCと△A’B’C’は直線lを対称の軸として対称である。または,線対称であるといい,線対称な図形と同じように,対称の軸lは,対応する2点を結ぶ線分の垂直二等分線になります。

【例題】

【無料動画講義(理論)】