多項式

【解説】

2つ以上の単項式の和の形に表される式を多項式といい,そのひとつひとつの単項式を多項式のといいます。このことはすでに1次式で学習している通り,1次式「2x+3」という式では,「2x」と「3」という2つの単項式の和の形で表されているので,この「2x」と「3」が項になります。このとき,「3」のように文字を含まない項のことを定数項といいます。

また,1次式では,

2x/+3→項:2x,3

のようにして「/」を入れて式を分割することで項を判断することを学習しましたが,多項式についても同じようにして項を判断することができます。

多項式は字の通り,「多くの項を持つ式」のことです。単項式の「単」には,「1つ」という意味があるので,単項式とは「1つの項の式」という意味になります。

多項式の各項の次数のうちで,もっとも高い(大きい)ものを,その多項式の次数といい,次数が2である多項式を2次式,次数が3である多項式を3次式,…,次数がnである多項式をn次式といいます。

【例題】

【無料動画講義(理論)】

【演習問題】

【無料動画講義(演習)】