和と差の積

【解説】

(a+b)(a-b)のように,計算記号の「+」と「-」以外は同じである多項式の積を,「和と差の積」といいます。この式を,展開公式

(□+〇)×(□+△)=□2+(〇+△)×□+〇×△

に,□=a,〇=b,△=-bを当てはめて展開すると

となります。そこで

(□+〇)×(□-〇)=□2-〇2

のように,和と差の積は平方の差になることを公式として利用します。このとき,

「前どうし(の積),引く,後ろどうし(の積)」や「前の2乗,引く,後ろの2乗」

のように,公式を文章にして,この文章を呪文のように唱えながら使うことをお勧めします。

【例題】

【無料動画講義(理論)】

【演習問題】

【無料動画講義(演習)】