合同な図形

【解説】

ある図形を他の図形にぴったり重ね合わすことができるとき,2つの図形は合同であるといいます。図形をぴったり重ねるには,

  1. 平行移動(ずらす)
  2. 回転移動(回す)
  3. 対称移動(裏返す)

という方法があり,これらを組み合わせることによって,2つの図形を重ね合わせることができます。このとき,重なり合う頂点,辺,角をそれぞれ,対応する頂点対応する辺対応する角といい,合同な図形では,対応する線分の長さ,対応する角の大きさは等しくなります。

また,2つの図形が合同であることを,記号「≡」を使って次のように表します。

(例)△ABCと△DEFが合同であるとき:△ABC≡△DEF

このとき,対応する頂点を順に並べるようにします。

【例題】

【無料動画講義(理論)】