単項式

【解説】

数や文字をいくつか掛けた積の形で表された式を単項式といいます。単項式は積の形で表された式であるので,次の例のように,足し算や引き算が含まれていない式になります。

(例)3x,2a2b

また,単項式に含まれる(掛け合わされた)文字の個数を,その単項式の次数といい,文字以外の部分を,その単項式の係数といいます。係数の「係」という文字には「掛ける」という意味があるので,係数は,「文字に掛けられている数」と考えることができます。

【例題】

【無料動画講義(理論)】

【演習問題】

【無料動画講義(演習)】