単項式と多項式の乗法

【解説】

□や〇,△を単項式であると考えると,多項式は「単項式を和の形で表したもの」であったので,「〇+△」などのようにして表すことができます。すると,「(単項式)×(多項式)」や「(多項式)×(単項式)」は次のような式で表され,それぞれ分配法則を利用することができます。

  • (単項式)×(多項式):□×(〇+△)=□×〇+□×△
  • (多項式)×(単項式):(〇+△)×□=〇×□+△×□

そして,分配法則を利用してあらわれた「□×〇」や「□×△」は「(単項式)×(単項式)」になるので,それぞれの項を「単項式の乗法」の手順で計算を行います。

【例題】

【無料動画講義(理論)】

【演習問題】

【無料動画講義(演習)】