円の周の長さと面積

【解説】

円周の長さの直径に対する割合を円周率といい,次の式によって得られる値になります。

(円周率)=(円周の長さ)÷(直径)

この値は円の大きさにかかわらず,どのような円でも同じで,次のようにどこまでも続く値になります。

3.1415926535897932384626433832795028841971693…

この値をそのまま使うのは不便であるので,普通,円周率には「3.14」という数を用いたり,「π(パイ)」という記号を用いて表すこともあります。

【例題】

【無料動画講義(理論)】

【演習問題】

【無料動画講義(演習)】