ひし形

【解説】

4つの辺が等しい四角形(定義)をひし形といい,次の図のようなひし形では,

AB=BC=CD=DA

となります。

このとき,

AB=CD,BC=DA

のように表すことができるので,ひし形は,「2組の向かい合う辺が等しい四角形」になります。つまり,ひし形は平行四辺形の特別なものと考えることができるので,次の平行四辺形の定義や定理はすべて,ひし形でも成り立ちます。

  • 2組の向かい合う辺がそれぞれ平行
  • 2組の向かい合う辺はそれぞれ等しい
  • 2組の向かい合う角はそれぞれ等しい
  • 対角線はそれぞれの中点で交わる

また,平行四辺形は次の各場合にひし形になります。

  1. 1組の隣り合う2辺が等しいとき
  2. 対角線が垂直であるとき

【例題】

【無料動画講義(理論)】

【演習問題】

【無料動画講義(演習)】