かっこを含む連立方程式

【解説】

かっこがあるような方程式では,かっこのついたままでは移項ができないため,まずはかっこをはずす必要があります。そのため,かっこがある連立方程式の解法は次のようになります。

  1. かっこをはずす。
  2. 代入法・加減法を用いて連立方程式を解く。
  3. 求めた解をもとの方程式に代入して,方程式が成り立つか確認する(検算)。

【例題】

【無料動画講義(理論)】

【演習問題】

【無料動画講義(演習)】